倹約女のエセブルジョア風

節約して目指せ!年一子連れ海外旅行♪ 年上中年夫を老けさせない努力を妻目線でお送りします^^

子供に「物」と「機会」どちらを与えたいですか?

 

こんにちは*

もこエルです。

 

先週の土曜日に、ジブリのジャズのライブに旦那さんと行ってきました。

母が息子を見てくれました。ありがたいです。

 

そのジャズは秋頃にチケットを購入して、ずっと楽しみにしておりました。

 

お値段もリーズナブルで、ジブリということもあって、お子さんもたくさんいました。

慣れ親しんだ曲がジャズアレンジになっていて、とても楽しいひと時でした。

 

私自身、幼少期から15年ほどピアノを習わせてもらっていて、音楽自体は身近に感じています。

クラシックも好きで、胎教にいい&教養を高めたい、と妊娠中からオーケストラやオペラ、観劇など観るようにしていました。

 

いつも、音楽の生演奏や観劇に触れて思うのですが、無駄にダラダラお金を使うより、

「〇月〇日はオペラだ!楽しみだな~」

特定の日に標準を合わせて、その日までの間を楽しんだり

実際に行った当日は、

「素敵だった!自分もこういうことを考えながら生きていこう!〇〇ができるように頑張ろう!」

みたいに、感化される方が、よっぽど実りあるお金の使い方じゃないかなって思うんです。

 

 

オペラやオーケストラに限らず、何かをするという「機会」って、親が入り口を少し見せてあげるだけで、そこから自分で広げられる可能性を引き出せるんじゃないかなと思うんです。

 

 「物」を与えることで、学ぶことや得られることもたくさんあるけど、「機会・経験・記憶」が子供に響くことも大きいんじゃないかって思います。

 

キャンプをしたり、旅行に行ったり、美術館に行ったり、お菓子を一緒に作ったり、お誕生日会をしたり、ツリーの飾りつけをしたり、一緒に踊ったり、笑ったり、泣いたり・・・などなど

 

その経験をさせるために、お金が掛かることももちろんあるけど、お金を掛けなくても、色んな方向から「機会・経験」を与えて「記憶」に残すことはできると思います。

 

 

我が家は倹約家なので、適度に「物」も与えつつ、お金の掛からない(たまには掛けて)「機会・経験」を多めに与えたいと思います。(笑)

 

 

いつもありがとうございます*

更新の励みになります^^

クリックよろしくお願いします!

読者さまも絶賛募集中ですので、良ければ登録お願いします^^